荒尾市から博多へ引越しをされる方は、引越し業者の一括見積もりサービスをおすすめします。

200社以上の引越し業者から安い業者を選べます。

▼30秒で入力できます▼

引越しについて

年金生活になれば、誰でも思い切って、環境も変えてみませんか?退職前にマンションにお住まいか、持ち家にお住まいか、いずれにしても年金生活に突入することで、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。ここで思い切って、住環境を変えてみるのも今はごく当たり前の話です。

手続きの代表が運転免許証の住所を変えることですね。運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。引っ越した先の管轄警察署に、運転免許証、新しい住民票(本人分、写しで良い。住所変更後の健康保険証とか公共料金領収書なども良い)届に記入すれば慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。包み方にもコツがあります。包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、底面から一個ずつ包むようにしましょう。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、緩衝効果があります。その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。

今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけに今のアパートに引っ越すことになりました。初めは3年くらいのつもりで後は実家に帰りたかったので今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、結婚の話まで出てきて、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、今さらですが、住民票を動かしたいのです。私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、当時1歳になる子供がいました。子供でも、引っ越しを経験して勝手が違うことに戸惑っているようでした。案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機に使わなくなったおもちゃなどを整理しました。仕分け作業のときに出てきた母子手帳を初めから読んでみました。ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。